タグ:cosina 100mm f3.5 macro ( 110 ) タグの人気記事

キラキラ・赤米

K-7 × cosina 100mm macro

d0086210_0504096.jpg

d0086210_2319593.jpg

d0086210_23191732.jpg


続く…
[PR]
by taro_1375 | 2009-12-20 00:51 | 農と自然

オニヤンマ

8月16日、茨城・阿見にて

吸い込まれそうな、緑の複眼。
コントラストが映える、黄と黒のカラー。
がっちりとした体躯。
まさにトンボの王様ですね。
d0086210_23221764.jpg

K-7 × cosina 100mm f3.5 macro
感度:2500  ss:1/400

さて、K-7は秒間5.2コマという連射ができます。
*istDは2.6コマということで、ちょうど倍になったんですね。
今までは「飛び物を撮るぞ!」なんていう気になることはあっても、歩留まりがあまりに悪かったんですが、
さすが倍になっただけあって、数打ちゃ当たります(笑)
↑はピンを若干?外してますが、けっこう撮れるもんなんですね。

今まで、
連射なんていらないんじゃない?と思っていましたが、
できたらできたで、撮影の幅が広がるという面はあるのかな…?とも思いました。

しかし、このK-7のシャッター音の格好悪いこと…「がぽっ」みたいな感じです。
*istDは「シャキーン!」、、撮っていて軽快な気分にさせてくれます。
やっぱり*istDはいいカメラです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-08-20 23:54 | 自然

カメムシとちょうちょ。

本日、阿見で見っけました。
エサキモンキツノカメムシです。ハートマークが可愛いっすね~!(トリミングあり)
d0086210_21253665.jpg


こちらは3日に阿見で見かけた蝶。
ミスジチョウの仲間です。コミスジでしょうか?
d0086210_21262899.jpg


さて、突然ではありますが…明日から5月いっぱい、研修のため福岡・佐賀へ旅立ちます。
ブログ更新がしばらくは滞ると思いますが、帰ってきたら土産話をたくさん載せたいと思いますので、よろしくお願いしまーす!
[PR]
by taro_1375 | 2009-05-06 21:29 | 自然

発見!苔鬼蜘蛛(コケオニグモ)

3日に阿見へ出掛けたときのこと。
「苔鬼蜘蛛(コケオニグモ)」という名の蜘蛛を発見しました。
渋みのある独特のグリーンと、稲妻のように走る模様が格好いいです。
d0086210_23205171.jpg


ことの顛末は以下の通りです。
存在を知ったのは、mushizukiさんのブログ、「茨城の自然・探検隊」で拝見したとき。
綺麗な蜘蛛がいるもんだなぁ~と頭の片隅に残っていたんですが…
ヤマを歩いているときに、スギの葉に同じような蜘蛛がいるのを発見。見事にドンピシャでした。

トリミング
d0086210_2321341.jpg

こんなに運のいいときもあるもんだなぁ~と感心しきりのGWです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-05-05 23:27 | 自然

緑したたる晩春の谷津。

5月2-3日(土-日) 阿見

今週も阿見へ出かけてきました。
いよいよ田んぼの作業がはじまる季節。畦づくりに、溝さらいに、汗を流してきました。
社会人になってからは、学生の時のように、野良仕事に集中できるような体調づくり、体のペースができておらず、体が思うように動かないことがままあるのが悩みの種。徐々に慣らしていこうと思います。
とはいえ、うきうき、わくわくする心持は変わりません。
今回も楽しい時間を過ごすことができました。

また、写真を撮る時間もとれました。
たくさんシャッターを切ったので、厳選して載せようと思ったんですが…
久しぶりにゆっくりと野を歩き、撮った写真たち。思い入れが強すぎて、選べません。
写真が多くて少々見づらいですが、ご容赦下さい。



朽ち木から芽生えたコナラ。
きっと、冬の間に鳥が貯めこんだドングリが芽生えたんだと思います。
自然って本当に面白い具合につながってるなぁ~と感じる瞬間でした。
d0086210_2141024.jpg


一斉にはじまった田植え。
d0086210_2151995.jpg


早朝、露に濡れるガマの葉。
d0086210_2154919.jpg


苗代の水面に映る、蜘蛛の巣。
d0086210_2165149.jpg


露をまとうたけのこ。
d0086210_21223141.jpg


雑木林を見上げると、まぶしいほどの裏葉色が広がっています。
d0086210_218236.jpg


また足元に目をやると、フタリシズカがひっそりと花開くときを待っているようでした。
d0086210_21102483.jpg


一方、すでに満開だったのはハナイカダ。
何度見ても面白い花のつき方です。
d0086210_21112532.jpg


そしてホウチャクソウも花の盛りを迎えていました。
林床でたおやかに咲く様は、華やかな春の終わりを告げるよう。
d0086210_21143186.jpg


残る花びらはあと一枚、キイチゴ。クサイチゴかな?
d0086210_2122270.jpg


芽吹くシロダモ。
d0086210_2123425.jpg


不思議なかたち、ヒメコウゾの花。
d0086210_21243425.jpg


光を浴びて、ぐんぐん伸びるゼンマイ。
林床にぽっかりと広がる日だまりで伸びる姿が印象的でした。
d0086210_21273953.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-05-04 21:04 | 自然

春爛漫の休耕田。

4月18日

僕の家の周りは、住宅地ではあるものの、まだまだ田んぼが残っています。
そこが小さいころからの僕の遊び場。
しかし、昔とは風景が一変しました。
早春のぽかぽか陽気にはセリを摘み、水が入るとアマガエルの鳴声が響き渡っていた田んぼは、現在は耕やされることもなくなり、一面の野原となっています。

そんな思い出の場所を久々にゆっくり散歩してみました。
まず目にとまったのは、たくさんの花たち♪
野原はすっかり春色に染まっていました。
「からすのえんどう」、「おおじしばり」、「きつねのぼたん」、「むらさきさぎごけ」、「たがらし」 などなど…


春の野に舞う、もんしろちょう。

d0086210_1835414.jpg


続きはこちらより。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-18 18:39 | 農と自然

煌く酉の刻。

3月14日撮影。

昨日は夕方になってようやく降り続いた雨が止み、すぅっと雲がひいて、その切れ間から青空と陽がのぞきました。
そんな雨上がりに現れる太陽は、とっても綺麗な夕焼けを見せてくれることがあります。

そこで…いそいそと夕暮れ時に出かけてみると、雨上がりのキリリとした空気が漂う谷津田で、素晴らしい空を見ることができました。
d0086210_2150556.jpg


雨上がりの空の青って独特ですよね。
d0086210_215605.jpg


低い雲を撫でるように赤色が広がります。
d0086210_215781.jpg


空を映す 小さな水たまり。
d0086210_21574784.jpg


いつもの小川は全く違う表情を見せてくれました。
d0086210_21585140.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-03-15 22:04 | 自然

こんにちは椎茸。

10日撮影。
寒かったり暖かかったりが続きますが、生き物たちは確かに春を感じているようです。
芽がきれた椎茸は、寒いので歩みはゆっくりですが、確実に大きくなっています。
d0086210_235540.jpg

d0086210_2351376.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-02-13 23:05 | 自然

チャームポイントはおでこの角。

ニワトコの葉痕、可愛すぎです。
d0086210_21135243.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-02-04 21:17 | 自然

氷の部屋を飛び出したのさ♪

背の高いスギやヒノキの森に囲まれた谷津田。
そんな谷津田には、周囲の森が一日中、影を落とす場所があります。
その影で、冬のあいだ主役を張るのが氷たち。

寒くなるとムクムク起き出す霜柱は、日中も融けきることなく、翌朝には再び成長し、複雑怪奇な姿へ変貌。
雨後の水たまりは、冬越しする植物たちを氷の部屋へ閉じ込めます。
d0086210_21501199.jpg

d0086210_21501926.jpg

d0086210_21502850.jpg

しかし明日はいよいよ立春。
影が氷の世界から飛び出すのも、時間の問題となりそうです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-02-03 22:19 | 自然