タグ:Optio W10 ( 43 ) タグの人気記事

佐賀めぐり④~お散歩スナップ~

5月23日&24日撮影
6月25日アップ

d0086210_23221640.jpg

d0086210_23223548.jpg

d0086210_23224812.jpg

d0086210_23225895.jpg

d0086210_2323729.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-06-25 23:23 | 農と自然

今年はじめての田植え。

5月31日(

この日は阿見で田植えをしてきました。
研修から戻ってきて早々、そして田起こしや畦づくり、代かきを見ないままの田植えだったので少々不思議な感じです。

この「保温折衷苗代」で育てた苗を植えます。
苗を苗代からとって、束にしていく…といった作業です。(この辺はもうやってあったんですが)
d0086210_8301374.jpg

そして田植え!やっぱり田んぼに水が入り、稲が植わるとまた風景が変わります。
d0086210_8322754.jpg

d0086210_8323992.jpg


そうそう、田んぼの虫たちも活発に活動し始めているみたいです。
田植えの最中に見つけたのは、ガムシの仲間(コガムシ?)の卵のう。
d0086210_8342152.jpg

d0086210_834314.jpg

楽しみな季節になってきました!
[PR]
by taro_1375 | 2009-06-05 08:36 | 農と自然

カメムシとちょうちょ。

本日、阿見で見っけました。
エサキモンキツノカメムシです。ハートマークが可愛いっすね~!(トリミングあり)
d0086210_21253665.jpg


こちらは3日に阿見で見かけた蝶。
ミスジチョウの仲間です。コミスジでしょうか?
d0086210_21262899.jpg


さて、突然ではありますが…明日から5月いっぱい、研修のため福岡・佐賀へ旅立ちます。
ブログ更新がしばらくは滞ると思いますが、帰ってきたら土産話をたくさん載せたいと思いますので、よろしくお願いしまーす!
[PR]
by taro_1375 | 2009-05-06 21:29 | 自然

春爛漫の谷津田。

4月19日 阿見へGO!

昨日も阿見へ遊びに行ってきました。
先週、蒔いた稲の種はしっかり発芽していましたよ。
このまま何事もなくすくすくと育ってくれるといいんですが。
d0086210_22252120.jpg


続きはこちらからお願いします。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-20 22:37 | 農と自然

春の水面。

おととい撮影。
水路へ迫り出し、旺盛に茂る植物を発見。

ケキツネノボタン(毛狐の牡丹)
d0086210_1762624.jpg


ノミノフスマ(蚤の衾)
d0086210_177974.jpg


どちらも春爛漫の季節には可憐な花を咲かせてくれることでしょう。
今日が寒いだけに…とっても待ち遠しいです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-03-03 17:11 | 自然

春の尖端。

数日、風邪をひいて臥せっていました…大人になってからの高熱は応えます。
やっと動けるようになってきたので、そろそろと外をのぞいてみたら、また一段と春は進んだみたいですね。

何の芽でしょうか?
d0086210_15184029.jpg


続きはこちらから。
[PR]
by taro_1375 | 2009-03-01 15:18 | 自然

春の小川。

先日のニホンアカガエルの卵塊はどんな具合だろう?ということで見てきましたよ。
しかしゼリー状の部分が水を吸って曇っていて、どのくらいまで発生が進んだかは分からず…
だけど順調に成長しているようですね♪
d0086210_229408.jpg


卵塊を撮っていると、何やらそばでピョコピョコ動く影を発見。
なんだろう?と水底の落ち葉をそっとめくってみると…
どじょう君の登場です!温んできた水の中で気持ちよく泳ぎはじめたみたいです。
d0086210_2214236.jpg


どじょうが忙しなく動き回るなか、のっそりマイペースなのはヒタチチリメンカワニナ。カワニナの類似種です。
よ~く見ると、けっこう可愛い目をしてるんですねー
d0086210_22155783.jpg


水の中も春めいてきたみたいです。
d0086210_22165721.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-02-25 22:22 | 自然

本日の野歩き。

菜花がちらほら見られるようになりました。これは小松菜かな?
菜の花盛りの頃も綺麗ですが…こうやって一足早く野を彩る花も可憐でとっても素敵です。
d0086210_22132365.jpg


榛の木にあったイラガの繭。
d0086210_22163025.jpg


こちらは白樫にあったヤママユの繭。
d0086210_22174160.jpg


かぶとむしの幼虫はこんなに大きくなりましたよ。
d0086210_22195213.jpg


木漏れ日に透けるヤツデの葉。
d0086210_22184459.jpg


大きな赤い帽子がトレードマークの小人さん。
撮るのに夢中になって、名前を聞いてくるのを忘れてしまいました…
d0086210_2221876.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-02-22 22:12 | 自然

スズバチの巣。

本日、ヨシ原を刈っていたんですが…
d0086210_21502073.jpg


ちょっと休憩しようかな?という時に、ヨシの茎に謎のブツを発見したのであります。
d0086210_2151318.jpg


パッと見でドロバチの仲間の巣なのかなぁ~という検討はついたんですが、
それにしてもデカイ!ゴルフボールくらいはあります。
d0086210_21534333.jpg


そして強度もかなりのもの。すっごい硬さです。
材料は何なんだろう?ということでよく見てみると、泥の他に小さな砂粒や小石も混じっていて、セメントのような雰囲気を醸し出しています。(↑をトリミング)
d0086210_21553519.jpg


このままでは何なのか検討もつかないので、割ってみることにしました。
すると…
d0086210_220940.jpg


中から二匹の幼虫が現れました!
泥団子の内部にいくつか部屋があって、その中で幼虫が育つようです。
しかし他の部屋に入っていた小さな卵か蛹のようなものは一体何?
生育ステージがあまりに違うので、大きな幼虫と同種とも思えないし…
d0086210_2225386.jpg


というわけで、家に帰って調べてみると、どうやら「スズバチ」のようです。
名前の由来は僕が割ってしまった(汗)ゴメンナサイ…泥団子で、このあと蛹を経て成虫となったスズバチが出てきて穴があいた泥団子を鈴に見立てたんだそうな。
それにしても、小さなハチが砂泥を集めて、あんなにも大きく丈夫な巣を作るとは驚きです。
ドロバチの仲間も実に面白い生態をしていますね。
[PR]
by taro_1375 | 2009-02-22 22:10 | 自然

2009 アカガエルの産卵②

昨日の雨でアカガエルとヒキガエルが産卵してるんでないか!?
というわけで、ちょっとだけ谷津田をのぞいてきました。

さっそく一つ発見!だけど一つしかありませんでした…ヒキガエルはまだみたいですねぇ。
d0086210_1862654.jpg


今年、阿見西部ではアカガエルの産卵がずいぶんと散発的になってます。
一昨年と昨年は、暖かい雨が降った一両日中に、阿見のアカガエルの多くが産卵をしていたんじゃないかなぁ~という印象がありました。しかし、今年は決定的な雨が無いせいか谷津田によって産卵時期にかなりバラつきがあります。
あっちの谷津田は卵塊がたくさんあるのに、こっちの谷津田は全く無い…という感じです(一昨年、昨年は同日に両方の谷津田で産卵があったのに)。

考えてみると面白いです。
アカガエルたちは単に雨が降ったから…というわけでなく、しっかりと自分が産卵する谷津田ごとに、敏感に様々な条件を感じ取って、産卵行動に入るという選択をしているんじゃないかと思われます。(一昨年と昨年はたまたまそのタイミングがほぼ一緒だったんでしょうね。)
阿見西部という小さな地域でも、ほんの数百メートルしか離れていない谷津田でも、こういった差が出てくるんだから、きっと人間なんぞには分からない条件があるんでしょうね~
自然って不思議です。

しかし裏を返せば、こうしてアカガエルの産卵が散発的になる=天候がそれだけイレギュラー(もしくはこれからイレギュラーになる)ということなんでしょうか?
自然から天候を知る…というのは色々と伝わっていますが、蛙の産卵から天候を占うというのもありそうです。
d0086210_18152863.jpg

↓ちなみにこの卵塊は、ちょうど第1分裂が終わって、二つに分割したところのようです。
まだ動物極と植物極がハッキリ分かりますね~! これからの成長が楽しみです。
d0086210_18153869.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-02-21 18:36 | 自然