タグ:野鳥 ( 59 ) タグの人気記事

台風の日

台風の風雨をやり過ごせてないツバメさん。
雨に打たれながら、風で揺れる電線に必死に掴まってます。
また巣立ちしたてだったのかな?すっかり羽が乱れちゃいました。
d0086210_09161619.jpg




[PR]
by taro_1375 | 2014-08-12 09:15 | 自然

2013撮りはじめ

1月1日、都内公園で

年末は熱を出して寝込んでしまいました…
年始にはだいぶ良くなったんですが、トホホなお正月でした。

スズガモの群れ
d0086210_23392730.jpg


コサギ
d0086210_23422358.jpg


ハジロカイツブリ
d0086210_23432133.jpg


アオサギ
d0086210_23433951.jpg


ムクドリ
d0086210_23444299.jpg


シロハラ
d0086210_2345264.jpg


ヒガラ
d0086210_23452334.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2013-01-03 23:47 | 自然

浮かび上がる

11月11日、茨城県阿見町で
d0086210_22442177.jpg

スギ林を背景に浮かび上がるカワラヒワ。
朝はエサを食べにまわる小鳥がいっぱい。
[PR]
by taro_1375 | 2012-11-12 06:44 | 自然

優しい緑色

最近、なかなか鳥に出会えません。
ルリビタキにジョウビタキ…会いたい子はいっぱいるんですが、
まだ入っていないのか、見つけられていないのか?

そんな中で、いつも可愛い姿を見せてくれるのがメジロたち。
この日はヨシにいるカイガラムシの仲間を探して食べていたみたいです。
やっぱり可愛いなぁ~♪優しい緑色がキレイです。
d0086210_19371868.jpg

d0086210_19371840.jpg

シジュウカラも同じくヨシの皮をはがして虫を食べています。
冬の貴重な食料源なんでしょうね。
[PR]
by taro_1375 | 2012-02-26 19:41 | 自然

冬の旅人

2月5日、茨城県阿見町で

鳥を探して谷津田歩き。
モズが相手をしてくれました。
d0086210_23365374.jpg

しかし今季は冬鳥が少ない気がします。
ジョウビタキにルリビタキ、ツグミ……全然、姿を見かけません。
会いたいなぁ~
[PR]
by taro_1375 | 2012-02-07 23:58 | 自然

モズ3景

9月23日、茨城県阿見町で

「キチキチキチ…」
モズが高鳴く季節になりました。
木のてっぺんに留まって盛んに鳴いています。

マツに留まる男の子
d0086210_22395015.jpg


のびー
d0086210_22401492.jpg


こちらは女の子
d0086210_2241672.jpg


すっかり秋ですねぇ~
[PR]
by taro_1375 | 2011-09-23 22:41 | 自然

小首を傾げる。

6月19日、茨城県阿見町で
セグロセキレイ
d0086210_22575288.jpg

このあとは田んぼに降りて、餌をついばんでいました。
[PR]
by taro_1375 | 2011-06-23 22:59 | 自然

春の原色

4月3日、茨城県阿見町で
d0086210_22511090.jpg

うぅ~ゆっくり野歩きしたい…
[PR]
by taro_1375 | 2011-04-13 22:51 | 自然

立ちジョビ!

2月13日、茨城県阿見町で

キツツキみたい(笑)
d0086210_23211854.jpg


話は変わって、
今年の目標の1つは「農と自然のさんぽみち」のウェブサイトを作ることです。
作ろうと思い続けて、はや3年経つわけですが…

ブログはあくまでフィールドノート、日々の観察日記です。
それを取りまとめていく場所がほしいと以前から感じてはいましたが、
作ろうとして何度途中で投げ出したか…

なかなかウェブログの中では表現できないことが多くなってきたので、
今年こそは作ります!
[PR]
by taro_1375 | 2011-02-22 23:17 | 自然

谷津田とヒヨドリとイボタノキ

1月3日および2月6日、茨城県阿見町で

朝もやが立ち込める中、谷津田を散策していると、
木の枝に留まるヒヨドリがシルエットになって浮かび上がりました。
よーく見ていると、何かを食べているみたいです。
d0086210_23431724.jpg

留まっていた木に近づいてみると「イボタノキ」でした。
どうやら瑠璃色の綺麗な実を食べていたみたいです。

そこでふっと気がつきました。
「正月に見たときはたくさん実がついてたのに無くなってる?!」
d0086210_17175876.jpg

ちょうど1月3日に同じ木の写真を撮っていたので比べてみました。
明らかに減っている…というか6日にはほとんどゼロですね。

木の下には、
鳥の糞がいっぱい落ちていました!
新鮮なものから古いヤツまで色々です。
d0086210_23431868.jpg


鳥にとっては、餌の少ない冬の大切な食べ物、
そして植物にとっては、種を広げるチャンスなんですね。

考えてみれば、イボタノキは林縁から田んぼ脇、水路沿いに至るまで、
谷津田全域に渡って、広く生えています。

あまり気に留めていませんでしたが、
鳥が種の運び屋になって、こんなにも広い範囲に生えていたんですねぇ。
改めて実感しました。

カメラ
・D700
レンズ
・Kowa PROMINAR 500mm F5.6 FL
・VR Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
・COLOR SKOPAR 20㎜ F3.5
[PR]
by taro_1375 | 2011-02-09 23:43 | 自然