タグ:虫 ( 146 ) タグの人気記事

アメンボすいすい

2月13日(日)、茨城県阿見町で

谷津田の小川ですいすい泳ぐアメンボ。
「シマアメンボ」でしょうか?
水の上で泳いで越冬するのか、今年の冬はずっと見かけているような気がします。
d0086210_059631.jpg

餌はあるのかなぁ~
と思ってしまいますが、意外に羽虫などが飛んでいるようです。

※2月20日追記
アップしてみるとこんな感じです。
d0086210_012124.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-02-17 23:56 | 自然

この糸、誰の意図?

1月9日、茨城県阿見町で

いつもの場所の、いつものキリの木。
d0086210_2330414.jpg


ふと幹に目をやると、逆光にクモの糸が浮かび上がって見えました。
樹皮を這うように張られています。
d0086210_2330448.jpg


見上げれば、広い範囲に渡っているよう。
はて、どんなクモが出した糸なんでしょうか?
そして、何に使った糸なのか…?
きっと昨年のシーズンにクモが活動した証拠(!?)なんでしょうね。

カメラ
・K-7
レンズ
・DFA 100mm macro
・DA 14mm F2.8
[PR]
by taro_1375 | 2011-01-11 23:39 | 自然

秋の夕暮れ

10月11日、茨城県阿見町で

西日になると、空気がすうぅっと冷えるようになりました。
夕焼けがとっても綺麗な季節です。
d0086210_0492454.jpg


窓に映る夕焼け。
もみじの木が、影絵のように光をうつします。
d0086210_0492540.jpg


夕焼け空に浮かぶ蝶々。
ヌカキビにとまるヤマトシジミを見つけました。
夕方、寒くなると動きが鈍くなる虫たち。
葉裏などでじっとしているチョウをよく見かけます。
いよいよ秋も深まってきたなぁ…と感じる瞬間です。
d0086210_049243.jpg


K-7 × DA16-45mm F4 , DFA 100mm macro
[PR]
by taro_1375 | 2010-10-12 23:45 | 自然

ケヤキ枯れのナゾ?!

19日、茨城県阿見町で

今年の春から僕がずっと気になっていたもの。
それが“ケヤキ枯れ”です。


写真(下)=葉が枯れたケヤキ。5月から続いています。
d0086210_22535446.jpg


阿見で僕がフィールドにしている谷津では、
植わっているケヤキの葉が何者かに食べられ、枯葉へと姿を変えています。


写真(下)=大きな葉脈を残し食べられた葉っぱ。
d0086210_23443070.jpg


写真(下)=枯れ葉となって落ちた葉は、地面に積もっています。
d0086210_23472281.jpg


聞いた話では、他にも阿見の中で発生している場所があるとのこと。
また土浦から阿見へ向かうバスの車窓からも、同じように葉を枯らしたケヤキがちらほら見つかりました。


何なんだろうなぁ~ずっと気にはなっていたんですが、
19日のことです。
被害を受けているケヤキの葉を見ていたら、ちぃ~さな虫がいっぱい!
こいつが原因だったのか!
d0086210_003883.jpg


「ヤノナミガタチビタマムシ」という小さなタマムシの仲間だそうです。
にしても木をこんなにも食害するってのにはビックリしました…
[PR]
by taro_1375 | 2010-09-21 23:08 | 自然

2010 赤米風景

19日、茨城県阿見町で
 
頭を垂らすようになった赤米。
緑色の葉が黄金色になり、穂は渋い赤に変わってきました。
いよいよ秋がやってきた♪そんな気持ちにさせてくれる風景です。
d0086210_0185367.jpg


葉っぱの裏に隠れていたのはバッタ。
僕の気配を感じたのか、くるっと回り込みました。
なが~い触覚から察するに、ウスイロササキリかな。
d0086210_0185296.jpg

五感で感じる風景は、すっかり秋なのでした。

写真(上)(下)=K-7 × F☆300mm F4.5
[PR]
by taro_1375 | 2010-09-20 23:30 | 農と自然

鳥の糞だまし(トリノフンダマシ)

9月5日、茨城県阿見町で

赤米を眺めていると、ヨシの葉裏に怪しげな影を発見。
「鳥の糞にしては光沢があるし…」と近寄ってみると…
d0086210_23451060.jpg


鳥の糞だまし(トリノフンダマシ)という蜘蛛でした。
なんてエキセントリックな名前(笑)
d0086210_23451155.jpg


こいつは体に白い帯が走る、「白帯鳥の糞だまし(シロオビトリノフンダマシ)」の♀だそうです。

きっと昔の人も田の草取りでもしながら 、
 「あれ鳥の糞かな?」 「蜘蛛だよ~」 なんてやりとりをしてたんでしょうね。
見事な名前です。

GX200
[PR]
by taro_1375 | 2010-09-06 23:51 | 自然

ニホンミツバチ分蜂

7日、茨城県阿見町で

いつもの道を歩いていると、「ブンブンブンブン…」とすごい羽音。
何とニホンミツバチの分蜂に出くわしました。初めての体験です。

ちょっと分かりづらいですが、無数のミツバチが飛んでいます。
d0086210_1628269.jpg


上の写真の左端にある木(桐)に家を決めたようで、幹の半ばにあるウロに続々と集まってきます。
d0086210_16281919.jpg


あんなにたくさんいた蜂が、巣穴へ吸い込まれるように消えていきます。
ブンブン飛び回っていた蜂は、10分間ほどでほとんど全部がウロに入ってしまいました。
d0086210_1628187.jpg


う~ん、すっごい面白いものを見ました。
やっぱりミツバチを飼ってみたいなぁ~&そういう生活をしたいなぁ…
[PR]
by taro_1375 | 2010-08-08 16:23 | 自然

蟷螂擬き(カマキリモドキ)

7月21日、茨城県阿見町で

クワガタを捕ろうと、ヤナギの木を揺すると、ひらひらと舞い降りてくる虫が一匹。
「カマキリモドキ」でした。名前の通りの姿格好をしています。
d0086210_2343578.jpg

K-7 × DA 14mm

この後、悠々と鎌のお手入れをして、再び樹上へ飛び立ちました。
けっこう飛び回るもんなんですね。
d0086210_23445668.jpg

optio W90
[PR]
by taro_1375 | 2010-07-30 23:45 | 自然

平家蛍・ヘイケボタル

7月3日、茨城県阿見町で

いよいよ茨城・阿見でもヘイケボタルが飛び始めました。
川面を乱れ飛ぶような姿は見られませんが、田んぼの上を飛び交う小さな光はとっても可憐です。
d0086210_22564253.jpg

K-7 × DA 14mm F2.8
[PR]
by taro_1375 | 2010-07-04 23:03 | 自然

稲水象虫(イネミズゾウムシ)

6月20日、茨城県阿見町で。
すっかり体調を崩して、この土日は野歩きできなかったので…(泣)在庫分から。

孵化したばかりのアメンボの赤ちゃんを撮ろうと、目を凝らして田んぼを見ていると、のっしのっし歩くゾウムシを発見。
「稲水象虫(イネミズゾウムシ)」です。

↓ちょうど籾殻の上を通りかかったので、大きさが分かるかと思います。
d0086210_22523285.jpg


この象虫、アメリカからやって来て、日本では稲の害虫として有名です。
稲の葉っぱにいないか探すと、すぐに発見。
やっぱりお食事をしていたようで、食害の痕がくっきり!
↓穴の開いた部分がお食事後だと思われます。
d0086210_2257477.jpg


しかし、あまり被害が目立たないところからすると、天敵もいっぱいいるんでしょうね~
K-7 × DFA 100mm macro
[PR]
by taro_1375 | 2010-06-28 23:01 | 農と自然