タグ:田んぼ ( 7 ) タグの人気記事

9月下旬のお散歩スナップ

9月下旬に撮りためた、お散歩写真です。
いずれも茨城県阿見町で撮影。

雨の降りしきる田んぼ
d0086210_2125430.jpg


続きはこちらから
[PR]
by taro_1375 | 2011-10-01 21:36 | 自然

2010 赤米風景

19日、茨城県阿見町で
 
頭を垂らすようになった赤米。
緑色の葉が黄金色になり、穂は渋い赤に変わってきました。
いよいよ秋がやってきた♪そんな気持ちにさせてくれる風景です。
d0086210_0185367.jpg


葉っぱの裏に隠れていたのはバッタ。
僕の気配を感じたのか、くるっと回り込みました。
なが~い触覚から察するに、ウスイロササキリかな。
d0086210_0185296.jpg

五感で感じる風景は、すっかり秋なのでした。

写真(上)(下)=K-7 × F☆300mm F4.5
[PR]
by taro_1375 | 2010-09-20 23:30 | 農と自然

稲水象虫(イネミズゾウムシ)

6月20日、茨城県阿見町で。
すっかり体調を崩して、この土日は野歩きできなかったので…(泣)在庫分から。

孵化したばかりのアメンボの赤ちゃんを撮ろうと、目を凝らして田んぼを見ていると、のっしのっし歩くゾウムシを発見。
「稲水象虫(イネミズゾウムシ)」です。

↓ちょうど籾殻の上を通りかかったので、大きさが分かるかと思います。
d0086210_22523285.jpg


この象虫、アメリカからやって来て、日本では稲の害虫として有名です。
稲の葉っぱにいないか探すと、すぐに発見。
やっぱりお食事をしていたようで、食害の痕がくっきり!
↓穴の開いた部分がお食事後だと思われます。
d0086210_2257477.jpg


しかし、あまり被害が目立たないところからすると、天敵もいっぱいいるんでしょうね~
K-7 × DFA 100mm macro
[PR]
by taro_1375 | 2010-06-28 23:01 | 農と自然

田んぼの風景。

水口
d0086210_23393333.jpg

東京達磨蛙(トウキョダルマガエル)
d0086210_23402033.jpg


(上)6月19日、茨城・阿見で  (下)6月20日、茨城・阿見で
K-7 × DA 14mm f2.8
[PR]
by taro_1375 | 2010-06-25 23:42 | 自然

光のどけき春の日。

5月2日、千葉県流山市・埼玉県三郷市で

ゴールデンウィークまっただ中。
いよいよ近所でも田植えが始まりました。
水の入った田んぼは本当にわくわくします♪
そんなわけで、ぐるっと近場をめぐってみました。

田植えの準備をする大人と、手伝う子供。
カルガモもお手伝い?
d0086210_23513699.jpg


高いところに登って、ほろろを打つキジ。
お相手は見つかったでしょうか?
d0086210_23523018.jpg


田植えを待つ田んぼには、色々集まります。
カエル、小魚、羽虫などなど…。
そんな生き物たちを前に、「おいしそう…」と、たくさんの鳥がやってきました。

伸びをするムナグロ
d0086210_23534777.jpg

コチドリ
d0086210_2354355.jpg

セグロセキレイ
d0086210_23543071.jpg


夕暮れ時、空を映して、刻一刻と表情を変える田んぼ。
ほんの10分ほどの間に、黄金色に染まります。
ムナグロ♀?
d0086210_23553855.jpg

d0086210_23562454.jpg

d0086210_2356364.jpg


陽が落ちると共に、カルガモがどこかへ飛び去っていきました。
d0086210_23572973.jpg


K-7 × F☆ 300mm F4.5
[PR]
by taro_1375 | 2010-05-02 23:58 | 農と自然

春爛漫の休耕田。

4月18日

僕の家の周りは、住宅地ではあるものの、まだまだ田んぼが残っています。
そこが小さいころからの僕の遊び場。
しかし、昔とは風景が一変しました。
早春のぽかぽか陽気にはセリを摘み、水が入るとアマガエルの鳴声が響き渡っていた田んぼは、現在は耕やされることもなくなり、一面の野原となっています。

そんな思い出の場所を久々にゆっくり散歩してみました。
まず目にとまったのは、たくさんの花たち♪
野原はすっかり春色に染まっていました。
「からすのえんどう」、「おおじしばり」、「きつねのぼたん」、「むらさきさぎごけ」、「たがらし」 などなど…


春の野に舞う、もんしろちょう。

d0086210_1835414.jpg


続きはこちらより。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-18 18:39 | 農と自然

もっこりざりがに。

からからの孫生が寂しい田んぼに、モクモク土が積みあがっています。
d0086210_22201237.jpg


もっこりした土を除けると、ピンポン球大の穴が空いていました。
そう、アメリカザリガニの掘った穴です。
この穴は人が思う以上に深く掘られていて、小学校時代の僕は時には肩まで腕を突っ込んだ覚えがあります。
d0086210_22244515.jpg

穴に手を突っ込んで、手掴みで引きずり出す、スリリングな冬のザリガニ捕りは相当に楽しかった覚えがあります。
過去形なのは、今では腕が太くなって穴に入らないからです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-01-21 22:31 | 自然