<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

光を感じて。

4月26日(日)
阿見へまたまた出掛けました。

前日の雨が上がって、緑が映えるいい陽気。
ウワミズザクラにジュウニヒトエ…僕の大好きな草木がちょうど花開く季節でした。

木漏れ日
d0086210_1123639.jpg


続きはこちらから!
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-29 11:25 | 自然

春爛漫の谷津田。

4月19日 阿見へGO!

昨日も阿見へ遊びに行ってきました。
先週、蒔いた稲の種はしっかり発芽していましたよ。
このまま何事もなくすくすくと育ってくれるといいんですが。
d0086210_22252120.jpg


続きはこちらからお願いします。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-20 22:37 | 農と自然

春爛漫の休耕田。

4月18日

僕の家の周りは、住宅地ではあるものの、まだまだ田んぼが残っています。
そこが小さいころからの僕の遊び場。
しかし、昔とは風景が一変しました。
早春のぽかぽか陽気にはセリを摘み、水が入るとアマガエルの鳴声が響き渡っていた田んぼは、現在は耕やされることもなくなり、一面の野原となっています。

そんな思い出の場所を久々にゆっくり散歩してみました。
まず目にとまったのは、たくさんの花たち♪
野原はすっかり春色に染まっていました。
「からすのえんどう」、「おおじしばり」、「きつねのぼたん」、「むらさきさぎごけ」、「たがらし」 などなど…


春の野に舞う、もんしろちょう。

d0086210_1835414.jpg


続きはこちらより。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-18 18:39 | 農と自然

稲の種蒔き。

4月12日(日)
本日は阿見へお出かけ、稲の種まきをしてきました。

種を蒔いて…
d0086210_22195617.jpg


覆土してトンネルを被せて完成~
d0086210_22203046.jpg


そして谷津田は春爛漫。
先週、来たときとは景色が一変していました。
この時期の季節は、本当に日ごと移り変わっていきますね。

山桜
d0086210_22225662.jpg

あけびの花
d0086210_2223374.jpg

ニホンミツバチとその巣
d0086210_2224643.jpg


にしても社会人になってから、本当に写真を撮っていません…
愛機、*istDのシャッターも二週間以上切っていないような気がします。
だんだんと生活に慣れて、身の回りの農や自然に目を向けられるような時間がつくれるようになりたいなぁ~

以上、カメラは PENTAX W10 です。

[PR]
by taro_1375 | 2009-04-12 22:29 | 農と自然

苗代づくり

4月5日(日)
下の記事で「阿見とはお別れ…うぅぅ…」みたいなことを書きましたが、
ハイ、さっそく阿見へ出かけていました。
この日は稲の苗を育てる苗代づくりをしました。

まず最初に苗代の畦づくり。土を崩すと沢山のシュレーゲルアオガエル&その卵塊が出てきました。
↓シュレーゲルアオガエルの卵塊。
d0086210_22495458.jpg

↓出てきたシュレーゲルアオガエル。下の雌は卵を抱えていてお腹が大きいですね。
d0086210_22503076.jpg

↓水を張るとまた別のカップルが現れました。
d0086210_22525944.jpg


そして谷津田は春爛漫。
↓群生するタネツケバナ。
d0086210_2255881.jpg

↓林床で咲き誇るタチツボスミレ。
d0086210_22551494.jpg

↓意外に可愛い!ヒサカキの花。
d0086210_22555084.jpg


もう少しいたいなぁ~と思わせる夕焼け空でした。
d0086210_22562375.jpg


以上、カメラはOptio W10です。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-07 23:00 | 農と自然

はじめます、農と自然のさんぽみち。

社会人生活がはじまってから早くも1週間が経ちました。
現在は埼玉の実家暮らしで、東京・秋葉原へ通う毎日です。
↓さすがに人が多い…秋葉原
d0086210_21352481.jpg


それに合わせて、ブログタイトルを
「阿見のさんぽみち」 から 「農と自然のさんぽみち」 へと変更します。

阿見で過ごした三年間…それは何物にも代えがたい時間です。
今後生きていく、暮らしていく中で自身の支えとなり軸となる意志を持つことができました。
そして頼りになる、頼れる仲間もできました。
阿見で三年間を過ごせた僥倖に、本当に感謝したいと思います。

だけどそんな愛しい阿見町ともお別れ。

ウェブログ「阿見のさんぽみち」は僕が阿見町で見たこと、感じたことを綴るフィールドノート。
もちろん今後もブログを続けていくつもりでしたが、阿見を離れるにあたってはブログの名称をどうしようか?というのが僕の至上命題でした(笑)。
そして最終的に落ち着いたのが「農と自然のさんぽみち」です。

色々と思い返しながら、考えてみました。
豊年えび、なまず、めだか、東京達磨蛙、あかとんぼ……僕の傍にいる生き物たちはいつだって田んぼに生きる生き物たちでした。
遊び場が田んぼだった僕の自然観は、自身で意識することはありませんでしたが、農と共に育っていたようです。

そんな僕がこれからの暮らしを考えたとき、まず思ったのが次の一点。
ただただ単純に、農と自然のある暮らしをごく自然に身の内に置けるような生き方をしたいなぁ~ということです。(同時にそんな社会になってほしいなぁという願いも込めています。)

そんなことをモヤモヤと考えながら、「農と自然のさんぽみち」というタイトルへと至りました。
色々と書き連ねましたが、実際にはあまり代わり映えのない記事が続くと思われます…
何はともあれ、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by taro_1375 | 2009-04-07 22:43