カテゴリ:農と自然( 72 )

白い虫

9月19日、茨城県阿見町で

あぜ道をぴょんぴょん飛びかっていた小さな虫がいました。
ウンカでしょうか?!
緑の中に白い体が目立ちます。
d0086210_23222356.jpg

考えてみると、色の白い生き物って珍しいですね…
[PR]
by taro_1375 | 2011-09-22 23:25 | 農と自然

赤米の色

9月19日、茨城県阿見町で

赤米の赤色は、
籾から伸びる「のげ」の色。
本当に鮮烈な赤をしています。
d0086210_20494696.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-09-20 06:00 | 農と自然

ソバの花

9月19日、茨城県阿見町で

今晩は気温が下がって風もビュービュー吹いて、
半袖じゃ寒いくらいですね…
すっかり秋の空気に入れ替わってきました。

さて、畑ではソバの花が満開です。
ごちゃっと咲いているイメージですが、
ドアップで撮ってみると、可憐な一輪を見つけました。
d0086210_2045369.jpg

しっかり花の形をしていて、ちょっと意外でした。
[PR]
by taro_1375 | 2011-09-19 20:45 | 農と自然

収穫間近

9月16日、茨城県阿見町で

もうすぐ収穫。
はやく食べたい!
d0086210_2333516.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-09-18 06:00 | 農と自然

稲の子「イナゴ」

8月21日、茨城県阿見町で

今年はイナゴがたくさんいる気がします。
畦を歩けば、ピョンピョンと田んぼへ飛び込み、
しゃがんで田んぼを眺めれば、稲の葉をむしゃむしゃしてる子がいっぱい。
d0086210_22224474.jpg

田んぼで元気にはねるイナゴを見るたびに、「稲の子」とは良い名前だなぁと思います。
[PR]
by taro_1375 | 2011-08-21 22:20 | 農と自然

アカガエルがいっぱい。

6月3日、茨城県阿見町で

畦を歩くと、小さなニホンアカガエルたちが、ぴょこぴょこと田んぼへ飛び込みます。
おたまじゃくしからカエルへと姿を変え、田んぼの中から外へ移動をはじめたようです。
d0086210_2228378.jpg


おそらく3月の初旬に生みつけられた卵塊が育ったもの。
大人のカエルにはない、どこか丸みを帯びた顔つきをしています。
d0086210_22293651.jpg


だけど、見る角度によっては〝男前〟な雰囲気がいっぱいの子も。
すくすく育って、またこの田んぼに集まってきてほしいです。
d0086210_2229177.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-06-03 22:38 | 農と自然

田んぼと夏雲

5月21日、茨城県阿見町の谷津田で

d0086210_22184829.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-05-30 22:21 | 農と自然

しいたけワールド

4月17日、茨城県阿見町で

シイタケが春の旬を迎えています。
空に向かって、かさをぐいぐい広げ始めました。
う~ん、うまそう!(というかうまかった!)
d0086210_973063.jpg

さて、つい先日、ぼろぼろになったシイタケのほだ木を集めていたときのことです。
クワガタの幼虫がコロコロと何匹か出てきました。

クワガタの幼虫と言えば、僕がもぐもぐキノコを食べるのと同じように、
木の中に広がる菌糸を食べて育ちます。
(人の目に見える「きのこ」がこれだけおいしいんだから、その本体の菌糸もうまいんでしょうか?)

また体内には木材を分解する細菌や酵母が住んでいて、
それらに手伝ってもらいながら、木そのものを消化して食べられるそうです。
毎年のように捕まえるクワガタですが、
小さな一匹の虫に、まだまだ分かっていない世界が詰まっているというのが面白いですね♪

More
[PR]
by taro_1375 | 2011-04-19 12:00 | 農と自然

春の水辺。

4月3日、茨城県阿見町で

タネツケバナ
d0086210_22192236.jpg


ノミノフスマ
d0086210_22192334.jpg


春の小川
d0086210_22192355.jpg


春の田んぼ周りは、とっても和やか。
可愛らしい花たち、瑞々しい緑の若葉、柔らかい光が差し込む水の中…
生まれてから25回目の、季節の移ろいです。
[PR]
by taro_1375 | 2011-04-05 22:49 | 農と自然

ふゆみずたんぼの効用 その2

2月13日、茨城県阿見町で

冬でも水が入る田んぼ。
d0086210_2332057.jpg


冷え込む朝晩は氷が張って、植物にとっては厳しい環境のように思います。
田んぼの中に生えていたスカシタゴボウ(かな?)は、
凍ってしまったと思われる葉っぱが溶けていました。
d0086210_2331843.jpg


しかし、2月に入ってから少し寒さがやわらいだのか、
イチョウウキゴケが目立つようになりました。
小さなものが多かったのですが、日を追うごとに大きくなっている気がします。
d0086210_2331831.jpg


さらに、田んぼをジャブジャブと長靴をはいて進むと、
羽虫がたくさん飛びかいます。
よ~く見てみると、ハエの仲間でした。
何て名前なんでしょうか?とにかくイッパイ飛んでいてビックリしました。
d0086210_2331960.jpg


そして、本当にちいーさい虫が水面をぴょんぴょん飛び跳ねているのを発見。
いわゆるトビムシの仲間なんじゃないかと思いますが、
こんな寒い季節によく動けるもんです…
d0086210_2331840.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-02-21 23:55 | 農と自然