日本水仙。

いよいよ立春が迫ってきました。
立春を迎えると、季節はぐっと動き出します。
阿見では立春から1、2週間もするとアカガエルやヒキガエルの産卵がはじまり、生き物たちのささやきが聞こえるかのような、にぎやかな野が広がります。
そんな華やいだ世界の想像に浸っていると、一月までは頬を切りつけるように通り過ぎていった夜気も、二月に入ってからは何処となく優しくなっている気がしてきました。
しかし、僕の心は目先の卒論で吹雪いているのであります…

そんなわけで、ちょっと春っぽく現像(1月26日撮影)
d0086210_23125790.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2009-02-02 23:39 | 自然
<< 氷の部屋を飛び出したのさ♪ 月と金星。 >>