もっこりざりがに。

からからの孫生が寂しい田んぼに、モクモク土が積みあがっています。
d0086210_22201237.jpg


もっこりした土を除けると、ピンポン球大の穴が空いていました。
そう、アメリカザリガニの掘った穴です。
この穴は人が思う以上に深く掘られていて、小学校時代の僕は時には肩まで腕を突っ込んだ覚えがあります。
d0086210_22244515.jpg

穴に手を突っ込んで、手掴みで引きずり出す、スリリングな冬のザリガニ捕りは相当に楽しかった覚えがあります。
過去形なのは、今では腕が太くなって穴に入らないからです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-01-21 22:31 | 自然
<< 白猫は見た! 死と美。 >>