二郷半領用水をゆく

アップは26日にしてます。

三郷周辺はかつて、隣町の吉川市と併せて「二郷半領」と呼ばれていました。
今でもその名は、三郷を南北に走る用水路「二郷半領用水」に残っています。
d0086210_20535631.jpg


続きあります!ちょっと長いです。





埼玉は三郷に帰還中。

今日は近くの用水路 「二郷半領用水」 沿いを自転車で走ってみることにしました。
途中の看板にあった説明を借りて、この用水路を説明すると…
d0086210_20541294.jpg

『中川と江戸川にはさまれた三郷市・吉川町は古くは二郷半領と呼ばれていた。
 二郷半領は早場米の産地であったが、元来低湿地でたびたび風水害で甚大な被害をこうむっていたので、戦前・戦後を通じて幾多の灌漑排水事業を施行した結果、良質な穀倉地帯となった。
 この二郷半領用水は、第一揚水機場(花和田)及び第二揚水機場(彦川戸)を設置して中川より取水していたものである。現在は、松伏町会杉地先に揚水機を設置して江戸川より取水し、中川沿いに松伏町・吉川町・三郷市を南流して長沼堰で第二大場川と合流している。
 用水路の延長は、十六・七キロメートル、受益面積は約千八百ヘクタールである。
 なお、その他の幹線用水路として、江戸川沿いに新田用水路、幹線排水路として大場川がある。                                      昭和六十一年三月』

という歴史のある用水路。長年に渡り、三郷の稲作を支えてきた用水です。


しかし、水路沿いを走りはじめてガックリ。
d0086210_20543056.jpg

もともとは素掘りの水路だったんですが、ここ数年の基盤整備でほぼ全域がコンクリート水路になってしまいました。もうちょっと未整備区間が残っていると思っていたんですが(泣)…
一応、最近流行のビオトープらしさを出した場所もあります(が…)
d0086210_2054445.jpg

d0086210_210498.jpg
d0086210_2105665.jpg
左の写真のあたりは、つくばエクスプレス・三郷中央駅のすぐそば。

再開発が進み、以前の様子からは想像できない姿へ変貌してます。

小学生の頃は正にこの場所で、水路内で餌を探すタゲリを見たこともありました(弟がパッと見て「カツラドリだっ!」なんて言ったのを思い出します(笑)




写真からはまったく想像できませんが、昔は素掘りで川幅3~5メーターくらいあったとこなんです。今じゃタゲリが飛来することなんて有り得ないだろうなぁ…


しかし、所々でかつての名残も見られます。
河畔のクヌギ。木々茂る水辺を偲ばせます。
d0086210_20554133.jpg

水路脇の祠。交通量の多い道路に囲まれる中、取り残されるように残っていました。
d0086210_2056154.jpg



えっちらこっちら下っていくと、二郷半領用水は東を流れる第二大場川へ合流。以降は第二大場川となります。
この第二大場川は、まだまだ緑ある水辺が残っています。
合流直前の第二大場川の様子。
d0086210_20561761.jpg

d0086210_20562540.jpg



さらに第二大場川を下っていきます。
ここで、本日の目的が登場。明治時代に作られたレンガ造りの水門です。
d0086210_20564310.jpg

d0086210_20572673.jpg

d0086210_2056573.jpg

d0086210_20574016.jpg


第二大場川は途中で二股に分かれて、その上を県道が走っているんですが、道路の下をくぐる部分にこのレンガ造りの樋があります。
北側のものが二郷半領用水逃樋、南側のものが二郷半領不動堀樋。いずれも水害を防ぐためのものだそうです。二郷半領に住む人々が水とうまく付き合おうとした(水と闘った)姿を感じます。

不動堀樋の下流側にいい雰囲気の空間を発見。蚊が毎秒10匹くらいの勢いで襲ってきたので一分もいられませんでしたが…
d0086210_20582526.jpg



さらに南には大場川が流れ、同じくレンガ造りの閘門橋があります。中央の銅像のお二人は、水門を閉めるための板を落とす様子なんだとか。
d0086210_20575971.jpg



今回はちょうど二郷半領用水の南半分を巡りました。
昔の姿と大きく変わっていた正直ショックであります…

つくばエクスプレス、ピアラシティ(イトーヨーカドーを核にした複合商業施設)、ららぽーと新三郷などなど、大きな開発の波でこれからも様変わりしていくんだと思います。
そして、農業はますます後退していくんだろうなぁ…農地は転用、水路は農業水路としての役割がなくなり、「親水空間」として整備…となんていう姿がそこかしこで見られます。

便利であっても幸せがそこにはあるのかなぁ…なんてことを自転車を漕ぎながら思いました。


次回は二郷半領用水を起点から終点まで辿ってみたいなぁ~
[PR]
by taro_1375 | 2008-08-13 08:05 | 三郷さんぽみち
<< 稲と蜘蛛 心地よい時間 >>