初夏の雑木林

雑木林の中を進んでいると、綺麗な白い花を発見。アマドコロにナルコユリです。
どちらも初夏の林床を彩る花。涼しげな緑と白が和ませてくれます。

アマドコロの花。阿見ではそろそろ花期が終わりに近づいているようです。写真のようにしぼんでいるものが多かったです。
d0086210_19495221.jpg


ナルコユリ。アマドコロよりのっぽで、繊細な感じがします。こちらは対照的にこれからが花期のよう。つぼみが目立ちました。
d0086210_1951316.jpg

d0086210_19511146.jpg



地面に這いつくばってアマドコロの写真を撮っていると、頭上でブンブンブンブン羽音が聞こえます。黄色と黒のストライプ、スズメバチの登場であります。オオスズメバチかな?
恐る恐る、そのうちの一匹が樹液にきているところを撮りました。最後にスズメバチが飛び立つ瞬間、ビビッてますね(笑)



雑木林はすっかり初夏の装い。樹液にはスズメバチをはじめ、ヨツボシケシキスイやハエなどがたくさん集まっていました。
大抵の少年と違わず僕もクワガタ・カブトムシ好き。樹液に集まる甲虫を見ると、ちょっと血が騒ぎます(笑)出てくるのが待ち遠しいです。
[PR]
by taro_1375 | 2007-05-14 19:54 | 自然
<< 階段式魚道 谷津田の夕暮れ >>