ため糞発見!

昨日、森を歩いていると、足元に落ち葉が無い部分があります。不自然極まりない。
んん~とじっくり見てみると、たくさんのウンコがありました。これがため糞ってやつ!?
d0086210_22573575.jpg


ため糞を見たのは初めて。名前の通り、本当にためてあります。以下に特徴を挙げると、

くさい:近づくと臭います。とりあえず肉食もする動物ですね。
ため糞は半径30センチほど
糞の大きさは3センチから5センチ

調べてみたところ、ため糞をする動物にはタヌキやアナグマなどがいるらしい。しかし、どちらもまだ見たことがありません。
それにしても、ここらに棲んでいる動物はどんな生活をしているんだろう?ということで、糞を水で溶かし、内容物を調べてみました。

d0086210_23125775.jpg

うーん。もっと骨などが出てくると思っていたんですが、そんなにたくさんは出ず。
果物の皮?はまさにブドウの皮といった感じだったのですが、一緒に出た種はアケビを連想させます。アケビの皮かな?
甲虫の外皮はキラキラ光沢があるものだったので、オサムシや糞虫なんかが正体だと思われます。
一番の謎は白ゴマですね。どこからどう見ても僕には白ゴマにしか見えません(笑)
[PR]
by taro_1375 | 2007-03-27 23:22 | 自然
<< ヤンマのヤゴ ツマグロオオヨコバイの交尾 >>