ヌスビトハギ

ヌスビトハギ(盗人萩)の果実
(2006.12.18撮影)

pentax *istD / cosina 100mm f3.5 macro
d0086210_14532075.jpg


10月、やぶの中に入るとそれはそれはひどいことになります。とにかくこのヌスビトハギの種が服にひっつきます。いまだに部屋を掃除すると、この特徴ある形の種が出てくるほど。今年はヌスビトハギの種子散布に大きく貢献しました。
「盗人萩」という物騒な名前は、果実の形が、盗人が忍び足で歩くときにできる足跡に似ているという所からきている、というのが一般的な説のようです。
しかし、いくら忍び足で歩いても、こんな形の足跡はできません。足袋じゃないとだめなんでしょうか?
[PR]
by taro_1375 | 2006-12-21 15:06 | 自然
<< クリスマス釣りー! 冬の田んぼ >>