森でおさんぽ

pentax *istD / cosina 100mm f3.5 macro

森の中を歩いていると、シジュウカラの亡骸を発見しました。
まだ食べられておらず、最近死んだもののようです。
手に持って驚いたのがその軽さ。あれだけ自由に空を飛びまわるのだから、それも当然ですが、とても新鮮でした。
自然は回っているんだなあと感じます。
d0086210_042332.jpg





d0086210_045741.jpg


林道には小さなきのこがぴょこんと生えていました。透き通るような白でとてもきれいです。
d0086210_071050.jpg


まだ赤い花が咲いてる!と思い近づくと、ノハラアザミの花でした。
霜が降りるような季節になっても咲いているのには驚きです。
d0086210_0225789.jpg

d0086210_023537.jpg


そして倒木の目を引く黄色はキノコ?です。僕はキノコには全くもって暗いのでさっぱり分かりません。今度時間をかけて調べてみようかと思います。食べてみたいけどやっぱり怖いし…
しかしこのキノコ、アップで見るとまるでカブトムシのさなぎの角みたいです。(←意味のわかんないたとえですいません)
d0086210_0293985.jpg

d0086210_0295068.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2006-12-17 00:32 | 自然
<< 冬の田んぼ 冬の朝 >>