7月の阿見・ある日の自然観察日記

7月1日、この日は夕方からカメラ片手に観察です。

まず出会ったのがイナゴの幼虫。まだとても小さい!
(以下の写真は全て pentax *istD / cosina 100mm f3.5 macro です。)
d0086210_9311996.jpg





モンシロチョウを追っていると、蜜を吸うためにハルジオンに舞い降りました。
d0086210_9405216.jpg


ここで何やら羽音が。その羽音の正体は…ハチ!?それともガ?という奇妙な昆虫。
パッと見た感じでははハチに似ているのですが、じっくり見ると雰囲気はガ。
もっと観察しようと思い近づいたのですが、飛び立ってしまい見失いました。残念…
d0086210_95153100.jpg


お次は水路沿いにいたコガネグモ。ジョロウグモとはすみわけているのか、コガネグモは水路沿いに、ジョロウグモは林道などでよく見かけます。
d0086210_18512454.jpg

d0086210_9574965.jpg


そして林沿いの道を歩いているときれいな花を発見。
じつはつい最近、この花が咲いていた木に小さな紫色の実がついているのを見つけて、初めてこの花の正体がムラサキシキブだということを知りました。
野生のムラサキシキブを見たのは今年が初めて。花も見ることができ、ちょっとうれしかったです。
花にはヨツスジハナカミキリがたくさん集まっていました。
d0086210_1012435.jpg


田んぼのわきにはヌマトラノオが群生しています。その花を撮っていると、色々な虫がやってきました。

ヌマトラノオの花とベニシジミ
d0086210_1918444.jpg


そして何と、先ほど見かけた、ガのような、ハチのような、ナゾの虫を再び発見!
一心不乱にヌマトラノオの花の蜜を吸っています。
後で調べてみると、「モモブトスカシバ」というガであることが判明しました。
僕が感じたとおり、ハチに擬態したガのようです。
d0086210_19291481.jpg


最後に登場するのは、シデムシ。動物の死体を食べる昆虫です。その習性からすると敬遠されそうですが、こうやって見ると意外にかわいいかも。
d0086210_19315864.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2006-12-01 10:02 | 自然
<< 7月の阿見・花、花、花 誰のしわざかな? >>