4月の阿見

今年も残すところ、早くも二ヶ月を切ってしまいまいました。まだ本格的な冬も到来していませんが、暖かい春が待ち遠しいです。
ということで春の阿見を振り返ってみたいと思います。決してネタがないわけじゃないです。
たぶん…(以下の写真は全て pentax *istD / cosina 100mm f3.5 macro です!)

春の田んぼを彩るタネツケバナ。ちょうど今の時期に芽が出て寒い冬を過ごし、春にはかわいい花を咲かせます(2006年4月9日撮影)
d0086210_22401753.jpg





そして春といえばやはり桜。何という桜だったかは忘れてしまいましたが、とても印象的でした。そういえば僕の通う農学部のキャンパスにはなんと100種あまりの桜が植えられているんだとか。ホントかな?来年の春はちょっと追っかけてみたいと思います。(4月6日撮影)
d0086210_22413190.jpg

d0086210_22414457.jpg



ツツジの仲間だったと思います。この透明感ある色彩が非常に好きです。(4月22日撮影)
d0086210_22491344.jpg



イロハカエデとユズリハの芽吹き。明るい緑が気分を明るくしてくれます。(4月22日撮影)
d0086210_22502768.jpg

d0086210_2251040.jpg



コガタルリハムシでしょうか?川沿いの土手に生えるギシギシに集まっていました。こういう小さな虫たちが活動しているのを見るとあらためて春を感じます。(4月9日撮影)
d0086210_22533889.jpg



そして最後はアマガエル。まだ冬眠から目が覚めたばかりなのか、はたまたそう見えるだけなのか、とっても眠たそうな顔をしています。今頃はたっぷりと食事をして冬眠に備えている頃でしょうか?(4月9日撮影)
d0086210_2385857.jpg


今度は5月の阿見を!
[PR]
by taro_1375 | 2006-11-12 23:19 | 自然
<< 5月の阿見 ハハコグサ >>