アカガエルがいっぱい。

6月3日、茨城県阿見町で

畦を歩くと、小さなニホンアカガエルたちが、ぴょこぴょこと田んぼへ飛び込みます。
おたまじゃくしからカエルへと姿を変え、田んぼの中から外へ移動をはじめたようです。
d0086210_2228378.jpg


おそらく3月の初旬に生みつけられた卵塊が育ったもの。
大人のカエルにはない、どこか丸みを帯びた顔つきをしています。
d0086210_22293651.jpg


だけど、見る角度によっては〝男前〟な雰囲気がいっぱいの子も。
すくすく育って、またこの田んぼに集まってきてほしいです。
d0086210_2229177.jpg

[PR]
by taro_1375 | 2011-06-03 22:38 | 農と自然
<< ふわふわ綿毛の謎。 田んぼと夏雲 >>