梅擬き(ウメモドキ)

6月20日、茨城県阿見町で

初めて出会う花でした。
何の花だろうな?と調べていましたが、どうやら「梅擬き(ウメモドキ)」のようです。
秋の赤い実が印象的ですが、こんな花を咲かすんですね~

図鑑やネット情報では〝淡い紫色〟の花とありますが、こちらは白。
白い花を咲かせるものは「シロウメモドキ」で、実も白色だ…という記述もありましたが、どうなんでしょう?
秋に実をつけるまで待ってみたいと思います。
d0086210_22494754.jpg

K-7 × DA 14mm F2.8

さて、見つけたのは谷津の斜面林のキワです。
田面と林を分ける水路をまたぐように枝を伸ばしていました。

谷津の林は、多くの場所でスギやヒノキが植林されていて、雑木林だったころの面影はまず感じられないワケですが…

それでも林のキワ、田んぼに面する部分には、古き良き時代から続く植生が残っていると感じます。
今回のウメモドキもそんな一種のようです。
[PR]
by taro_1375 | 2010-06-29 23:13 | 自然
<< 平家蛍・ヘイケボタル 稲水象虫(イネミズゾウムシ) >>