オニヤンマ

8月16日、茨城・阿見にて

吸い込まれそうな、緑の複眼。
コントラストが映える、黄と黒のカラー。
がっちりとした体躯。
まさにトンボの王様ですね。
d0086210_23221764.jpg

K-7 × cosina 100mm f3.5 macro
感度:2500  ss:1/400

さて、K-7は秒間5.2コマという連射ができます。
*istDは2.6コマということで、ちょうど倍になったんですね。
今までは「飛び物を撮るぞ!」なんていう気になることはあっても、歩留まりがあまりに悪かったんですが、
さすが倍になっただけあって、数打ちゃ当たります(笑)
↑はピンを若干?外してますが、けっこう撮れるもんなんですね。

今まで、
連射なんていらないんじゃない?と思っていましたが、
できたらできたで、撮影の幅が広がるという面はあるのかな…?とも思いました。

しかし、このK-7のシャッター音の格好悪いこと…「がぽっ」みたいな感じです。
*istDは「シャキーン!」、、撮っていて軽快な気分にさせてくれます。
やっぱり*istDはいいカメラです。
[PR]
by taro_1375 | 2009-08-20 23:54 | 自然
<< 夕暮れ時のひかり 夏の魔物。 >>